カスピ海ヨーグルト 増やす

フジッコ カスピ海ヨーグルト種菌を交換してみました

母が知人からいただいた、カスピ海ヨーグルトの種菌を植え継ぎ、5年以上も同じ種菌からヨーグルトを作り続けていました。

 

 

ヨーグルトは腸にいいからと母は毎日朝欠かさず飲んでいます。

 

 

私もたまに飲みますが、カスピ海ヨーグルトは酸味が少なくて他のヨーグルトに比べると飲みやすいです。

 

 

私がフジッコのホームページをたまたま見たところ、3か月をめどに種菌は交換してくださいと書かれてありました。

 

 

フジッコに問い合わせてみると、「植え継ぐうちにクレモリス菌が減り、自然界に存在する他の乳酸菌に入れ替わる可能性があります」と言われました。

 

 

フジッコカスピ海ヨーグルトはクレモリス菌という乳酸菌とアセトバター菌が含まれています。

 

 

クレモリス菌は生きて腸まで届く乳酸菌です。

 

 

乳酸菌は腸内の善玉菌を増やすので、ヨーグルトなどの発酵食品で積極的にとるのがいいと言われています。

 

 

有用なクレモリス菌が減っていては意味がないと思い、フジッコ カスピ海ヨーグルト種菌をインターネットから注文しました。

 

 

1つのセットに2袋種菌が入っていました。

 

 

8か月は賞味期限があるので、もう6か月たちますが、まだ1袋しか使っていません。

 

 

母も8か月以内には2つ目の種菌を使うつもりのようです。

 

 

5年以上同じ種菌から作り続けたけれど、味は新しい種菌のものと同じだったので、古い種菌からでもきちんとヨーグルトはできるようです。

 

 

しかし、クレモリス菌が減っているかもしれないので、これからは定期的に交換していくつもりです。

 

>>フジッコ カスピ海ヨーグルト種菌【最安値】公式通販はこちら<<