カスピ海ヨーグルト 効果

体の中から整えて毎日のスッキリを実感できます。

最近、発酵食品が注目を集めています。

 

 

発酵食品には納豆やキムチ、チーズに漬物など洋の東西を問わず様々な食品があります。

 

 

どの発酵食品にもおおむね共通していることといえば、お通じを改善してくれる効果です。

 

 

韓国旅行に行くと必ずといっていいほどキムチを食べますが、そのおかげで普段は便秘で悩んでいた人も旅行中はお通じが順調だったというほど。

 

 

しかし、毎日キムチや納豆を食べ続けるのも結構大変ですよね。

 

 

同じ菌を使った食品ならば、もう少し手軽に摂取できる食品の方が手軽に長続きしますので。

 

 

その代表格といえばヨーグルトです。

 

 

ヨーグルトにはおなじみの乳酸菌が含まれており、もちろん腸内環境の改善効果も期待できます。

 

 

しかし、同じヨーグルトを食べるのであればできるだけ新鮮なヨーグルトを食べた方が、効果もより大きいというもの。

 

 

そこでお勧めするのは「フジッコ カスピ海ヨーグルト種菌」です。

 

 

フジッコというと、しそ昆布や豆食品などで有名なメーカーですが、実はヨーグルト業界にも進出しています。

 

 

この商品は「種菌」と銘打っているだけありまして、提供しているのは完成品ではなく種菌です。

 

カスピ海ヨーグルトの乳酸菌は通常のヨーグルトよりも発酵温度が低い!

「フジッコ カスピ海ヨーグルト種菌」を使ってどのようにヨーグルトを作るか、少し説明しましょう。

 

 

まずは熱湯で消毒した容器に250mlの牛乳を入れます。

 

 

そこに粉末の種菌を1包入れて、同じく熱湯消毒したスプーンでよくかき混ぜましょう。

 

 

次に250mlの牛乳を入れて混ぜて、終わったらっかりふたをして27度程度の常温で発酵させます。

 

 

これで、いつでもフレッシュなカスピ海ヨーグルトが完成します。

 

 

さらに、フジッコ カスピ海ヨーグルト種菌のすごいところは、繰り返し使えるところ。

 

 

先ほど作った種ヨーグルトがあれば、そこから「植え継ぎ」ができるのです。

 

 

植え継ぎ方ですが、種ヨーグルトの真ん中あたりを熱湯消毒したスプーンですくい取って、別の容器に移します。

 

 

そこに牛乳を入れて混ぜるのですが、この際の割合はヨーグルト1に対して牛乳が10といった具合です。

 

 

牛乳500mlですと種ヨーグルトは大さじ3程度がいいでしょう。

 

 

同じくふたをして27度程度の常温で6時間から24時間発酵させて固まれば、完成です。

 

 

フジッコ カスピ海ヨーグルト種菌を使ってそのままヨーグルトとしていただいてもいいのですが、アレンジメニューもあります。

 

 

ヨーグルトを使った漬物やヨーグルトを使ったドレッシングなど、バリエーションは数知れずです。

 

>>フジッコ カスピ海ヨーグルト種菌【最安値】公式通販はこちら<<